• 大鳥音楽祭

    Ohtori Music Festival

    大鳥音楽祭は、人と人、人と地域が交差する辺境の音楽イベント。

     

    世界へ向けて表現しているアーティストと、

    山を歩きたい、森の中で創造作品に出会いたい、自然と調和する生演奏を

    聴きたいという人とが出会う場です。

     

    大鳥音楽祭を通じて、大鳥を好きになってもらうこと、

    再び訪れてもらうことを目指しています。

  • Artists

    大鳥音楽祭のステージを飾る、演者たちをご紹介

    礒見博カルテット

    JAZZ Drums , Trumpet , Piano , BasE

    鶴岡市出身のプロジャズドラマーの礒見博さんを中心に、トランペット高瀬龍一 、ピアノ阿部紀彦、ベース渋谷盛良の4名で演奏をします。さらに、今年は大鳥音楽祭Special Editionとして、白崎映美さんとのコラボ演奏も見られます。

    静かな夜に響く虫の音と、満天の星空。そしてジャズ。最後までゆったりとお楽しみください。

    白崎映美

    Song

    酒田出身で、言わずと知れた庄内の歌姫。上々颱風のボーカル。東北6県ろ~るショー、白ばらキャバレーナイトショーなどでメインボーカルとして全国でライブを行う。山形県内のイベントにも多数出演。著書『鬼うたひ』も好評発売中。今年の大鳥音楽祭では、礒見博カルテットとのコラボ出演をします。

    HP : https://emishirasaki.themedia.jp/

    天田 透 & 文河潤 デュオ

    BASS Flute , base

    天田透

    1988年に渡独、ドイツ国立ミュンヘン音楽大学にて修行。1995年同大学修了。同(95)年、マルウォルドロントリオ・終戦50年平和記念日本ツアーに、ジーン リー(Vo)とともに参加。その後、日本・ドイツ両国でソロ活動を開始、2004年パリ日本文化会館ジャズフェスティバル”Jazz in Japan”にて「山下洋輔ニューヨークトリオ」にゲスト出演他、各地のライブハウス、フェスティバル等に出演。

    2010年以降は日本を拠点とした活動を展開。2012年にはファーストリーダーアルバム「Berlin」をドイツのEnja Records(日本版はMuzak)からリリース(天田透(fl/bfl/cbfl)井野信義(b)田中徳祟(ds)

    大鳥音楽祭には初回から出演。今回は新潟在住の文河潤さんと共にデュオで演奏をします。

     

    HP: http://www.tenfl.jpn.org/

    北村謙

    banjo

    バンジョー奏者として高石友也とバックステップカントリーバンドに参加、ばっくすばにいで活躍。ソロになって以後も、日本で唯一のバンジョー弾き語り奏者として関西中心に活動中。また、ラジオのパーソナリティー、落語作家という顔も持つ。ひょんなご縁から大鳥音楽祭で演奏して頂けることに。

    HP : http://www.officeken.net/

    In the Peace

    vo.harp.西山ゆい , g.vo.小阪惇平

    大の音楽好きの2人が、play the music “in the peace”をテーマに2008年に結成。大阪を中心にLive活動を続け、昨年10月に満を持して1stアルバムをリリース。雑誌にも取り上げられるなど少しずつ脚光を浴び、現在は全国津々浦々演奏の旅をしている。 ルーツミュージックを基本にした独自の音楽センスは心地よく、ルックスとは異なる歌声とギターで好評を得続けている。 《お洒落》×《イナタい》=in the peace

    HP : http://inthepeace.com/

     

    ※《イナタい》とはミュージシャンの間で「泥臭い」「ブルージー」といったニュアンスで使われる言葉です。

    東堀越獅子踊り保存会

    traditional culture

    鶴岡市藤島地区 東堀越で、例祭が行われる8月18日に新山神社に奉納されている獅子踊り。中獅子、牝獅子、旗獅子(友の牝獅子)白鷺、牡獅子の5匹でそれぞれ異った装飾をつけ、唄に合わせて腰鼓を鳴らしながら飛び跳ね、舞う。

    そして今年は大鳥でも、獅子が舞う。

  • Food

    お腹が減ったら、喉が乾いたら…。

    大鳥セッションエール

    大鳥音楽祭のために仕込んだスペシャルビール。
    500円/コップ、750円/ボトル。
    ※飲み続けても飽きない味を目指して作りました。提供できる温度が飲み頃より少し冷たくなりそうですので、音楽を聴きながらゆっくりと香りと味の変化をお楽しみください♪

    月山 デイリーワイン 

    「日常的に日本ワインを楽しんでもらいたい」というコンセプトで造られている、庄内地域の山ブドウを100%使用した赤ワイン。

    大鳥音楽祭オリジナルラベルにてご提供します。

    製造元:月山ワイン山ぶどう研究所

    自家焙煎珈琲ひぐらし

    庄内ではお馴染み、ひぐらしさんがコーヒーをご提供。

    大鳥ごっつぉバイキング

    地元のばばちゃん達が作った山菜料理を贅沢にも一皿で好きなだけ盛れます。イタドリの油いため、ぜんまい煮、わらびの一本漬け…どんなごっつぉが並ぶかは当日のお楽しみ♪

    とちあられ

    栃の実をもち米に練って作った、朝日地域では定番のお茶菓子、栃あられ。大鳥からほど近い、倉沢地域の「加工蔵まや」 さんがご提供。

    窯焼きピザ

    昨年、大鳥自然の家に新設された焼き窯を使って、ピザを焼きます。焼き立てのピザを、デイリーワインと一緒に召し上がれ♪

    ※写真はイメージです。

  • Special Event 

    大鳥の自然を体感するイベント

    前夜祭~大鳥BAR~

    大鳥の民俗パネル展示を行うに当たって、調査に協力していただいた地元の方々を囲んで、お酒を片手に大鳥の採集(山菜採り 等)についてじっくりお話を伺う一夜。

     

    DATE:6/30 18:00~

    PLACE:大鳥地内

    Capacity:5名 (先着順)

    FEE:1,500円(飲み物・つまみ代)

     

    ※宿泊希望の方は、各自大鳥地内のお宿(朝日屋・青嵐舎)を手配いただくか、実行委員メンバーの自宅へ宿泊となります。この日は大鳥自然の家への宿泊はできません。

     

    ※会費制ですが、割り勘ですので、お好きなお酒やおつまみをご持参頂けると嬉しいです。

     

    申込み:以下URLからGoogle Formに必要事項を記入してお申込み下さい。

    https://goo.gl/forms/LJF4fIg9PG1UEBxY2

    大鳥地域散策

    ブラタグチ。

    大鳥在住のマタギ見習い、田口(30才)と一緒に、一時間ほど大鳥を散策します。散策コースは当日、参加者と決めます。田口は大鳥の民俗についてのお話が得意ですが、別にテーマも何もありません。全ては気の向くまま、風の吹くまま。ブラブラしながら好きなことを喋りしましょう。

     

    DATE:2016/07/01 13:00~ 1時間程度

    PLACE:大鳥自然の家玄関前に13時集合

    FEE:無料(予約不要)

    CAPACITY:5名程度

    CAMP FIRE

    音楽祭が終わったら、グラウンドでキャンプファイヤー。闇夜につつまれた大鳥で、大きな大きな火をかこみ踊る。鶴岡の自由編成バンド ”イナプラネチャーニン”が演奏でキャンプファイヤーを盛り上げてくれます。

     

    DATE:音楽祭終了後(21:00~24:00を予定)

    PLACE:大鳥自然の家 グラウンド

    FEE:2,000円(打上げ費用込み)

  • Exbision

    大鳥音楽祭に合わせて、絵画や彫刻、民俗パネルの展示を行います。

    大鳥壁画美術展

    ・布施 美津子(西川町在住) 絵画

    ・礒見 明子(鶴岡市在住) 絵画(鉛筆画)

    ・松本 栄子(神奈川県在住) 絵画

    ・嶋尾 和夫(大鳥在住) 詩/彫刻

    大鳥地域内に、美術品を展示します。

     

    日程:6月24日(日)~7月2日(日)

    展示場所:タキタロウ館、大鳥音楽祭体育館ステージ、寿岡集落の小屋

    大鳥民俗のパネル展示

    田口比呂貴・本間かりん

    採集をテーマに、数枚のパネル展示を行います。写真は山奥で営まれていたぜんまい小屋と地域の人たち。

    昔から地域で利用されてきた採集(山菜採り)が大鳥地域でどんな風に行われてきたかをご紹介します。

     

    展示場所:大鳥自然の家 体育館(予定)

    展示期間:7月1日(7月2日以降はタキタロウ館に常設展示)

  • About OHTORI

    標高270m、冬は積雪3mにもなる豪雪地帯。庄内平野を潤す赤川の源流、大鳥池の麓に位置する。伝説の巨大魚タキタロウを追い求めて大鳥を訪れる人も少なくない。山菜・キノコ・木の実など山の恵みを糧として暮らし、熊狩りを中心としたマタギ文化が今も残る。

  • OVERVIEW

    開催概要

    DATE

    2016年7月1日(土)

    15:00~ 開場

    15:30~ 開演

    20:30 終了

    21:00~CAMPFIRE

    PLACE

    大鳥自然の家

    (山形県鶴岡市大鳥字寿岡112)

     

    0235-55-2946

    ENTRANCE FEE

    大人:3,000円

    高校生:1,000円

    中学生:500円

    小学生以下:無料

     

    打上げ参加費:2,000円

    STAY

    宿泊先:大鳥自然の家 宿泊棟

    館内宿泊費:2,000円(素泊まり・要予約)

     

    テント泊:1,800円/人(館内トイレ、お風呂使用可、雨天時は館内宿泊への切り替え可能。ただし、追加で200円/人 頂きます。)

    宿泊申し込み:

    以下のURLからフォームに従って記入してください。

    https://goo.gl/forms/gzK8NEC1ME8suTtB2

    ※宿泊をご希望の方は、当ホームページの"注意事項"を必ずご覧ください。

     

  • Map

    会場の地図

  • Attention

    注意事項

    飲食の持ち込みはOKです。(出したゴミはお持ち帰り下さい。)

    近所にコンビニはありませんので、お持ち込みか、音楽祭の会場の出店から、もしくは大鳥にあるお店をご活用ください。大鳥には工藤商店(お菓子・アイス・ジュース・お酒・ビールなど)と、タキタロウ館(軽食・お土産)がございます。

    駐車は大鳥自然の家の駐車場をご利用ください。

    交通の妨げにならないよう駐車してください。駐車スペースが見当たらない場合、当日会場内にいるスタッフに申し付け下さい。

    大鳥ではauの電波は入りません。あしからず。

    docomo, Softbank, PHSの電波は入ります。

    音楽祭当日は、鶴岡駅からの直通バスはございません。

    庄内交通の鶴岡駅前~大鳥自然の家行きの直通バスは、2017年4月から週末はなくなりました。鶴岡駅からお越しの際は、レンタカーやタクシーを利用するか、前日入りして大鳥に宿泊してください。前日は直通バスがございますので、前夜祭からの参加もよいかもしれませんね♪

    庄内交通 路線バス時刻表 大鳥方面行き:http://www.shonaikotsu.jp/local_bus/t009_ootori.html

     

    大鳥自然の家に宿泊希望の方へ

    大鳥自然の家は自然体験学習施設ですので、旅館のような行き届いたサービスはありません。男女に分かれて大部屋での宿泊となります。布団は各自で敷く。使い終わったら所定の場所に戻し、シーツも所定の場所へ。お風呂は22時まで。大浴場にはボディーソープはありますが、シャンプーやタオル・着替えはありません。アメニティーもございませんので各自ご用意ください。貴重品等も各自で責任を持って管理してください。また、テント泊をご希望の方も館内のトイレやお風呂はご利用可能です。その他、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

    大鳥地内にある朝日屋旅館青嵐舎(民宿)への宿泊をご希望の場合、各自で宿にお問合せ下さい。

    ※大鳥自然の家に宿泊希望の場合は、大鳥音楽祭実行委員会が窓口となります。以下のURLからフォームに従って記入してください。https://goo.gl/forms/gzK8NEC1ME8suTtB2

    大自然の中に身を置きます。心を解放してあげてください。

    わくわく・どきどきは何よりの心の栄養です。時には会場を抜け出して散歩するのもいいでしょう。会場から漏れてくる生演奏や、カラッとした初夏のにおいを味わってみましょう。闇夜に外へ飛び出してみるのもいいでしょう。見上げればいくつもの星が、川辺にはホタルがいるかもしれませんよ。

  • FLYER

    大鳥音楽祭のチラシ

  • TIME TABLE

    タイムテーブル

  • Blog

    大鳥音楽祭の公式ブログ

  • SNS

    大鳥音楽祭の最新情報はこちらから

    Facebook

  • Inquiry

    大鳥音楽祭vol.3についてご質問や宿泊のご希望があれば、下記フォームから、もしくは事務局(田口:090-7757-7491)にご連絡ください。

All Posts
×